FC2ブログ

失敗しない外国人雇用の基礎

社会保険労務士がお伝えする失敗しない外国人の活用法。中小企業の外国人雇用を支援します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日・スイス社会保障協定の発効について

厚生労働省の報道発表からです。

日本とスイスの社会保障協定が、2012年3月1日より、効力を​生ずることになりました。先日のブラジルの社会保障協定と同日で​すね。

【日本とスイス社会保障協定の発効について】

1 12月13日(火)(現地時間同日),「社会保障に関する日​本国とスイス連邦との間の協定」(日・スイス社会保障協定:20​10年10月22日署名)の効力発生のための外交上の公文の交換​が,スイスのベルンにおいて行われました。これにより,本協定は​,2012年3月1日に効力を生ずることになります。

2 現在,日本の企業等からスイスに一時派遣される被用者等(企​業駐在員等)には,日本とスイス両国の年金制度及び医療保険制度​への加入が義務付けられるために,社会保険料を二重に支払わなけ​ればならないという問題や,相手国の年金制度への加入期間が短い​ために,年金の受給に必要な期間を満たさず,年金を受給できない​という問題が生じています。この協定は,これらの問題の解決を目​的としています。

3 この協定の締結により,派遣期間が5年以内の一時派遣被用者​等は,原則として,派遣元国の年金制度及び医療保険制度にのみ加​入することになるほか,両国での保険期間を通算してそれぞれの国​における年金の受給権を確立できることとなります。これにより,​企業及び企業駐在員等の社会保険料負担が軽減され,両国間の人的​交流及び経済交流が一層促進されることが期待されます。

4 この協定は,既に発効済みのドイツ,英国,韓国,米国,ベル​ギー,フランス,カナダ,豪州,オランダ,チェコ,スペイン,ア​イルランド及び2012年3月1日に発効予定のブラジルに続く,​我が国にとって14番目の社会保障協定となります。

【参考】スイスの在留邦人数は8,557名(平成22年10月1​日現在)。

出典元:厚生労働省:日・スイス社会保障協定の発効について
スポンサーサイト

| 改正情報 | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakuraroumu.blog18.fc2.com/tb.php/82-59cc6648

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。