FC2ブログ

失敗しない外国人雇用の基礎

社会保険労務士がお伝えする失敗しない外国人の活用法。中小企業の外国人雇用を支援します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再入国許可を受けることなく出国した技能実習生・研修生の再入国

東日本大震災のため、一時避難のために再入国許可を受けることなく出国した技能実習生・研修生の再入国についての取り扱いが、発表されています。

これによると、一時帰国をした技能実習生・研修生が、再び入国して技能実習・研修活動を行うことを希望する場合は、在留資格認定証明書交付申請手続によらずに、わが国の在外公館で査証の発給を受けた上で日本に再入国し、到着した空港又は海港において上陸申請を行い、法務大臣による上陸特別許可を受けることになります。

この手続は、法務省告示(平成23年第123号)の特定区域(青森県、岩手県、宮城県、福島県又は茨城県の各区域)以外の地域にいた技能実習生・県守勢も対象となります。

下記は、JITCOホームページからの抜粋です。

1 特別措置により査証申請ができる場合

(1) 3月11日時点(地震発生)において「技能実習」又は「研修」の在留資格で滞在していたが、その後再入国許可を取得せずに出国した場合
(2) 「技能実習」又は「研修」の在留資格で滞在していた方で、3月11日以降に有効な再入国許可を有して出国したが、東日本大震災のために訪日日程を延期したため、再入国許可(在留期間)の有効期限が切れてしまった場合

2 査証申請のための必要書類

査証申請書、写真及び旅券のほか、本邦滞在時の在留資格に応じて別表に記載した書類が必要です。
なお、審査の過程において、必要に応じ追加資料やインタビューが実施されることがあります。

3 手続の流れ

上陸が特別に許可されるには、次の図で示した手続を経る必要があります。

(1) 日本国大使館・領事館における査証発給

           ↓

(2) 入国した我が国の空・海港での入国審査官に対する上陸申請

           ↓

(3) 上陸特別許可を希望する申し出

           ↓

(4) 法務大臣による上陸特別許可(「技能実習1号」、「技能実習2号」又は「研修」)

注1 上陸特別許可に関する手続については、通常の上陸審査よりも時間を要します。
注2 上陸手続を円滑に受けるために、入国予定日、入国港、入国便について、正確に査証申請した大使館又は領事館に報告してください。変更した場合も同様です。

参考:外務省ホームページ

【出典元】JITCOお知らせ
スポンサーサイト

| 技能実習生 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakuraroumu.blog18.fc2.com/tb.php/73-1829f467

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。