失敗しない外国人雇用の基礎

社会保険労務士がお伝えする失敗しない外国人の活用法。中小企業の外国人雇用を支援します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外国人雇用状況の届出状況

厚生労働省が1月31日に発表した外国人雇用状況の届出状況によると、2010年10月末時点の外国人労働者を雇用している事業所数は前年同期比14.1%増の10万8,760カ所、外国人労働者は同15.5%増の64万9,982人となっています。

産業別にみると事業所、外国人労働者ともに製造業が最多で、全体に占める割合はそれぞれ31.6%、39.9%となります。

(1)外国人労働者を雇用している事業所数は108,760か所
   (前年同期比13,466か所、14.1%増)。
(2)外国人労働者数は649,982人
   (前年同期比87,164人、15.5%増)。
(3)国籍別外国人労働者数は、中国が最も多く287,105人で、
   外国人労働者全体の44.2%。次いでブラジル、フィリピンの順で、
   それぞれ116,363人(同17.9%)、61,710人(同9.5%)。
(4)外国人労働者を雇用する事業所及び外国人労働者は、ともに
   東京都が最も多く、全国に占める割合はそれぞれ24.1%、23.8%。
   外国人労働者は、以下、愛知、静岡、神奈川、大阪の順に多く、
   この5都府県で全体の半数を超える。
(5)産業別にみると、外国人労働者を雇用する事業所、外国人
   労働者ともに、製造業が最も多く、全体に占める割合は
   それぞれ31.6%、39.9%。
(6)事業所規模別では、「30人未満の事業所」が最も多く、
   外国人労働者を雇用する事業所の52.9%、外国人労働者
   全体の33.6%を占める。
(7)労働者派遣・請負事業を行っており、外国人労働者を
   雇用している事業所は18,830か所で、事業所全体の17.3%、
   当該事業所に就労している外国人労働者は181,021人で、
   外国人労働者全体の27.9%。

出典元:厚生労働省:外国人雇用状況の届出状況(平成22年10月末現在)
スポンサーサイト

| 外国人国内NEWS | 17:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

| 履歴書の書き方の見本 | 2011/02/25 15:16 | URL |

Re: タイトルなし

拝読どうもありがとうございます。

| 社会保険労務士 福田 | 2011/02/28 15:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakuraroumu.blog18.fc2.com/tb.php/65-4076952a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。