FC2ブログ

失敗しない外国人雇用の基礎

社会保険労務士がお伝えする失敗しない外国人の活用法。中小企業の外国人雇用を支援します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国人技能実習生の過労死認定

産経NEWS(平成22年7月2日)によると、日本の技術を学ぶため外国人研修制度で来日し、技能実習生として金属加工会社フジ電化工業(茨城県潮来市)で働いていた中国人男性が平成20年に死亡したことについて、鹿嶋労働基準監督署は2日までに、違法な長時間労働による「過労死」と判断し、労災と認定する方針を固めたとのことです。

外国人研修生問題弁護士連絡会によれば、外国人実習生を過労死として労災認定するのは初めてとのこと。

この男性は17年から同社で勤務しており、20年6月、心不全により社宅で死亡、亡くなる直前の1カ月の残業時間は100時間を超えていたようです。同労基署は、長時間労働のほか残業代の不払いなどがあったとして、労働基準法違反の疑いで2日、同社を書類送検しています。

出典元:中国人技能実習生の過労死認定へ:MSN産経ニュース

研修・技能実習制度についての改正の概要は、下記をご参照ください。

【参考】
【新しい研修・技能実習制度】労働関係法令の適用について
【新しい研修・技能実習制度】在留資格「技能実習」の創設
スポンサーサイト

| 外国人国内NEWS | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakuraroumu.blog18.fc2.com/tb.php/59-bb0e95fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。