失敗しない外国人雇用の基礎

社会保険労務士がお伝えする失敗しない外国人の活用法。中小企業の外国人雇用を支援します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【新しい研修・技能実習制度】在留資格「技能実習」の創設

平成21年7月15日に、「出入国管理及び難民協定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」が公布され、新しい研修・技能実習制度が平成22年7月1日よりスタートします。

今日は、この新しい在留資格、「技能実習」について、説明をします。「技能実習」には、『技能実習1号』と『技能実習2号』があります。

『技能実習1号』
講習による知識修得活動」及び「雇用契約に基づく技能等の修得活動」

『技能実習2号』
技能実習1号の活動に従事し、技能等を修得した者が当該技能等に習熟するため、雇用契約に基づき修得した技能等を要する業務に従事する活動

この技能実習の期間は、最長で、1号、2号の期間を合わせ3年になり、技能実習1号から2号への移行には、技能検定基礎2級等の検定試験に合格する必要があります。

新制度における在留資格「研修」では、国の機関やJICA等の実施する公的研修や実務を伴わない非実務のみの研修については、引き続き、在留資格「研修」により、入国・在留することが出来ます。
スポンサーサイト

| 技能実習生 | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakuraroumu.blog18.fc2.com/tb.php/57-43dd276d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。