FC2ブログ

失敗しない外国人雇用の基礎

社会保険労務士がお伝えする失敗しない外国人の活用法。中小企業の外国人雇用を支援します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平成21年の「不正行為」認定【外国人研修生・技能実習生】

平成22年3月12日の法務省の報道発表資料によると、平成21年中に「不正行為」に認定した外国人研修生・技能実習生の受入れ機関は360機関となったとのことです。


1.平成21年に「不正行為」に認定した機関は360機関、過去最多であった前年の452機関と比べて約20%の減少

2.受入れ形態別にみると、

・企業単独型の受入れ機関は2機関(0.5%)
・団体監理型の受入れ機関は358機関(99.5%)

3.「不正行為」に認定された団体監理型の受入れ機関(358機関)

・第一次受入れ機関が34機関
・第二次受入れ機関が324機関

4.「不正行為」の類型別の認定件数(注)は444件

・「労働関係法規違反」に123件
・「研修生の所定時間外作業」に121件
・「名義貸し」に96件

上記、3類型で全体の76.6%を占めています。

詳しくは、平成21年の「不正行為」認定についてをクリックの上、ご確認ください。

なお、政府は7月から労働関係法令の適用範囲を拡大するほか、受入機関への罰則を強化する方針です。
スポンサーサイト

| 外国人国内NEWS | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakuraroumu.blog18.fc2.com/tb.php/51-d69285f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。