失敗しない外国人雇用の基礎

社会保険労務士がお伝えする失敗しない外国人の活用法。中小企業の外国人雇用を支援します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

資格外活動許可とは

アルバイトの留学生や就学生に働いてもらう場合、企業の人事担当者は「資格外活動許可証」を持参しているかどうかを確認していくことが重要です。

留学生・就学生は法務大臣の資格外活動許可を受けた場合、アルバイトを行うことができます。したがって、その留学生・就学生が「資格外活動許可」を受けているかどうかを確認し、許可を受けている場合はアルバイトとして雇うことができます。

資格外活動許可を受けている場合は、「資格外活動許可書」が交付されていますのでそれを確認してください。

留学生・就学生に与えられる資格外活動許可は、本来の活動の遂行を阻害しないと認められる場合に限り、一般的に、アルバイト先が風俗営業又は風俗関係営業が営まれている営業所に係る場所でないことを条件に、勤務先を特定することなく、包括的な資格外活動許可が与えられます。なお、資格外活動の許可を受けずにアルバイトに従事した場合は、不法就労となりますので注意する必要があります。

また、「人文知識・国際業務」の在留資格で働いている外国人が、中国語の教師を週に1回するような場合は、「人文知識・国際業務」の資格で、中国語教師については「資格外活動の許可」を得なくてはなりません。

「在留資格」に関する活動を行ないつつも在留資格で許されているもの以外の活動で収入を伴うものを副次的に行なう場合、資格外活動の許可が必要となります。

一番多いのは、留学生等がコンビニエンスストアやレストランなどでアルバイトをするケースですが、資格外活動許可は、留学生・就学生については勤務先を特定しなくても事前に申請はできます。これに対し、他の在留資格で入国している外国人は、就職先が内定してから申請をすることになります。

時間についても上限があります。例えば、留学生をアルバイトで使う場合、1週28時間を限度としなければなりません。就学生の場合は1日につき4時間以内が限度になります。大学に通っている留学生の場合は、夏休みなどの長期休業期間は1日8時間まで働いてもらうことが可能です。なお、聴講生の場合は、1週14時間以内という制約がありますので注意が必要です。


スポンサーサイト

| 在留資格 | 04:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakuraroumu.blog18.fc2.com/tb.php/11-f1f5bf71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。